円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「私を変えた、あの時、あの人、あの言葉」 その2です。

 75才、男性の話です。
 数年前、現役引退と同時に精神的にも肉体的にも、ガクンと老化して
 しまった。一日何もすることもなく、体が痩せてきて、ちょっと体を動かせば
 すぐに動悸がするし、階段も手すりにつかまってフーフー言う始末。
 完全な「病人」のようになってしまった。

 私を心配した奥さんがある日、赤いベレー帽を買ってきて
 「これをかぶって若返ってちょうだい」と言った。
 最初のうちは恥ずかしかったが、そのうちに慣れて散歩へ出た。
 公園のベンチでタバコを吸っていると、数人の小学生が通りかかり
 その一人が
 「ステキな帽子ですね。おじさんは芸術家ですか?絵描きさんですか?」
 と聞いてきた。
 「さあ、なんだと思うかね?」と聞き返すと、一人の女の子が
 「おじさんは、童話を作る人でしょう?」と言った。

 この女の子の一言が「神様のお告げ」のように思われ、その日の夜から
 童話づくりに熱中するようになった。あっちこっち応募したが、片っ端から
 落選したが、めげずに書き続けた。

 大分県三重町で「町おこし」の一環として創作童話を公募していた。
 乏しい力を振り絞って「浦島太郎、ネス湖へ飛ぶ」という童話を書いて
 応募した。600件の応募の中から10位以内に入り、二次審査で、
 お話の実演をしてもらいたいという連絡が入った。15枚の原稿を正確に
 暗記するのは、至難の業だったが、一心不乱に練習した。

 二次審査で「最優秀賞」をとり、活字になった。その後も落選を重ねているが、
 降圧剤から解放され、40代、50代の時より、精神的にも、肉体的にも
 適度の緊張と喜びのある充実した日を送っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/940-c9c683b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。