円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「心に残る・・」からのいい話です。
 
 校長になって1年目の話です。春の運動会で初めと終わりに
 全校児童の前で話をします。失敗があってはいけないので
 原稿を書いて用意したそうです。終わりの挨拶を始めようと
 子供たちを見渡すと、たくさんの子供が胸にリボンをつけてました。
 1等が青のリボン、2等が黄色のリボン、3等が赤のリボンです。
 3回の競技で3つもつけている子供もいます。中には一つもリボンが
 ついていない子供もいました。

 校長先生は、別の話をすることにしました。
 「皆さん、今日はよく頑張りましたね。リボンが3つの人は立って下さい。
  ほう、すごい、君たちはよく頑張りましたねえ。はい、座って下さい。
  ではリボンが2つの人は立って下さい。この人たちも頑張りましたね。
  はい、座って下さい」
 このころになると、周りにいる大人達は一つのリボンももらえなかった
 子供の事を心配したそうです。
 「では、リボンが一つの人は立って下さい。君たちもよく頑張りましたね」

 「はい、ではリボンをもらえなかった人は立って下さい。
  何人かいますね。君たちもよく頑張りましたねえ。校長先生は形のある
  リボンではなく、心のリボンを皆さんに今から投げますから、皆さんは
  校長先生のリボンを受け取って下さいね。いいですか、それっ!」
 校長先生は両腕を一杯に広げてリボンを投げる真似をしました。
 リボンのない子ども達はウワッ~!と言って両腕を広げて、校長先生の
 投げたリボンを受け取りました。校庭にいる人達は大きな拍手をしたそうです。

 校長先生は、キザなことをしてしまったと後悔したそうです。もう来年は
 するまいと思ったそうです。するとある父親が来て言ったそうです。
 「校長先生、ありがとうございました。うちの子は太っていて今まで
  リボンをもらったことがないんです。今日は校長先生から心のリボンを
  もらって子供は喜んでました。次の運動会でも心のリボンを下さい」
 次の年も、その次の年も校長先生は心のリボンをあげたそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/936-d2e8060f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。