円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「心に残るとっておきの話」に犬の話があり涙がでました。
 或る夫婦が、柴犬を飼っていたそうです。夜になると時々
 ワンワン吠えるので気になっていたそうです。
 
 ある晩、近所の男性が怒鳴り込んできて言いました。
 「犬がうるさくて赤ん坊が泣きやまなくて困っているんだぞ!」
  その犬を捨てるか、殺すかしろ!」
 凍りつくような恐ろしい言葉を聞き、夫婦で震え上がりました。
 夫婦には子供がなく、犬を子供のように可愛がっていたのです。
 
 悩んだ末に、大阪に住む妹に頼み、犬を車に乗せて連れて行きました。
 久留米に帰ってきたその晩、妹から電話がありました。
 「兄ちゃん、犬が鎖をかみ切って逃げたよ!」
 犬が逃げてから2週間目に広島県呉市の警察から電話がありました。
 首輪に連絡先の電話番号と名前が書いてあったのです。
 すぐ駆けつけると犬は骨と皮になっていたけど、主人の顔を見た途端
 飛びついてきたそうです。本能で西の方角だと思い、主人に会いたい
 一心で何も食べずに走って来たのでしょう。
 久留米に連れて帰ると、奥さんは犬に抱きついて泣いたそうです。

 その晩、近所の赤ん坊が泣くのが聞こえました。主人はすぐその家に
 行きました。そして、そこの主人に言いました。
 「赤ん坊がうるさくて迷惑しているぞ!その赤ん坊を捨てるか、殺すかしろ!」
 そして犬の話をしたそうです。赤ん坊の父親は一瞬凍り付き、そして土下座して
 謝ったそうです
 「申し訳ありませんでした。許して下さい!」
 犬は命を懸けて主人の所へ帰って来られたけど、無理がたたったのか?
 1年ほどで死んでしまったそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/932-4ee8e74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。