円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 仕事を休んで映画を観てきました。
 朝のTVで「あのオスギが泣いた映画 愛を読む人」
 そして「50~60代の人が圧倒的に多い 剣岳 点の記」
 内容はわからないけど、この言葉だけに惹かれて
 話題の映画を観ました。(笑)
 
 「愛を読む人」はドイツでの話です。15才の少年がある日
 具合が悪くなり、22才年上の女性から親切にされました。
 夏の1ヶ月間、女性と深い関係を持つようになったけど、
 女性は姿を消します。8年後、大学で法律を学ぶ青年は
 ある裁判を聴講し、被告の彼女を見ました。

 昔、彼女はアウシュビュッツの看守をしていて、母子だけが
 助かった事件の首謀者にされました。彼女は文盲だったのです。
 青年は「彼女は文盲だ」と証言すれば減刑されると思ったが
 できなかったんです。20年後、彼女が健在だと知り、彼女が
 好きだった本をテープに吹き込み贈り続けました。釈放される日
 迎えに行くと、彼女は自殺をしていたんです。

 「剣岳 点の記」も良かったですよ。明治時代の話です。日本地図の
 剣岳の部分だけが空白になっていました。死の山と言われる剣岳に
 登り、測量することを陸軍から命じられたんです。命がけで登頂を
 果たしたけど、すでに行者が登頂をしていたことがわかり、彼らの
 記録は残らなかったんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/910-bd8c1e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。