円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08-06-08_20-19.jpg


 関口知宏さんの講演会へ行って来ました。
 NHKの鉄道旅、日本、ヨーロッパ、中国を見ていたので、講演会で
 どんな面白い話が聞けるか楽しみにしてたんです。登場の仕方も
 番組で見てた、「進む気がない、歩き方」(とよく言われてるとか)なので
 笑ちゃいました。自然体ともよく言われるそうです(寝癖のついた髪で
 出てましたよね)笑い

 江原体験を何度もしているそうです。(笑い)
 デビュー前に、夢の中で何回も中国語での声がしたそうです。
 怖くて飛び起きてからも、同じ言葉が聞こえて、一目散に
 お母さん(西田佐知子さん)の所へ飛んで行ったそうです。
 後に中国人の通訳に聞いたら、古人が使う言葉で、「一個人」
 という深い意味がある言葉だったそうです。何年も経って
 世界中を旅して、以前聞いたこの「一個人」の深い意味が
 わかってきたそうです。

 見えないけど、自分を導いてくれる何かがあること。自分と人は
 それぞれが一個人であるけど繋がっていること。自分の中には
 信じられない不思議な力が潜んでいること。行く先々でその国の
 思いを曲にすると、浅い知識しかないのに、クラシックやその国の
 音楽が、うそのようにスラスラと浮かんできたそうです。不思議な
 場面や人と出会ったり・・不思議なことが多々あったそうです。

 お父さん(関口宏さん)は、TVでよく観るけど、お母さんはどうして
 いるのかな?とこの人を観るたびに思ってました。皆、同じ事考えるようで
 「何処へ行っても、お母さんは元気なの?」と聞かれるそうです。
 「元気ですからね。Tシャツに母は元気ですと書いて歩きたいくらいです」
 と笑わせてました。

 絵が上手なのは知っているけど、旅の本をたくさん出していたんですね。
 イギリス、スイス、ドイツ編を買い、握手もしてもらいました。(幸せ~)
 パグおじさんの従姉妹と娘に会ったけど、握手してもらうことに
 夢中で、帰りの挨拶をしないうちに、はぐれてしまいました。(ごめんなさい)
スポンサーサイト
コメント

 中国鉄道の旅が終盤になった頃には、結構中国語も喋れるようになってました。通訳の陳さんも感心していたようです。
 ところで新疆カシュガルで旅が終了して帰国した直後、本人はこう言ってました。「役者でうだつが上がらないのに、このような台本のない番組で受けてしまって」と当初は当惑していたことも白状していました。人間は誰もが優しさをもって人と繋がりたいという気持ちがあることを、証明したかのようでした。民族とは対立するのではなく、解り合える存在なのだということに、新ためて気付かされる思いがしました。
2008/07/06(日) 22:16:01 | URL | daikanyama3461 #-[ 編集]

こんばんわ
代官山さんですか、なんか懐かしい地名ですね。
東横線で渋谷の次の駅でしたよね。高校生の時、
私は東急バスで通っていたけど、渋谷から東横線
で都立大駅まで行く途中にありましたよ。
中国の旅で、日本人に対して反日感情があるのではと、すごく心配したけど、親切な人ばかりに出会ったと言ってましたよね。解り合える輪がどんどん
広がっていけばいいですねえ。
2008/07/06(日) 22:48:09 | URL | #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/699-efccc6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。