円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1週間前から、見えない誰かさんが我が家にいるようです。
 朝、イチローが誰もいない仏壇に向かって吠えたんです。
 夜、隣の部屋の襖が少し開いていたんです。真っ暗な部屋
 なんだけど、イチローがその部屋に向かって吠えました。
 見えない誰かさんがいるのかな?と少し怖くなりました。

 数日前の深夜、お風呂場の脱衣所にいたんです。突然、
 寝ていたはずのイチローが激しく吠えだしたので、急いで駆け
 つけました。ゲージの囲いにつかまり立ちして、私に向かって手を出して
 「お母ちゃん、怖いよ~助けて!」って感じなんです。
 「大丈夫だよ。お母ちゃんがいるから安心しなさい」と抱きしめながら
 言い聞かせて小さい電気を点けてあげました。

 誰かいるんだあ!背筋がゾクッとしたけど、イチローが怖がって
 いるのに私がビクビクしたらいけないよね。お風呂に入らずに
 寝ようと思ったけど、せっかく湧かしたんだからと入りました。
 そして見えない誰かさんにお願いしました。
 「どなたかわかりませんが、私とイチローは、図太く見えるかも
 しれませんが、実は怖がりなんです。小心者なので私達を
 怖がらせないで下さいね。お願いします。」

 それ以来、何も起きていません。パグおじさんの両親の法事の
 ことを色々話し合っているので、二人が様子を見に来たのかな?
 二人とも犬が大好きだったので、イチローに話しかけたのかも
 しれません。だけど、イチローは、二人の顔を知らないんですよね。
 とにかくそれ以来、何も起きていないので良かったあ。 
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/646-40f6f5d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。