円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08-01-27_16-11~01


 パグおじさんがいる鹿屋へ行って来ました。
 イチローは、ペットホテルで一泊し、シャンプーを
 してもらいました。床屋さんへ行ったみたいにきれいに
 なったんですよ。そして、お気に入りのイチローユニホームを
 着て、散歩に出掛けました。

 今日も歩道に座り、グランドで遊ぶ子ども達をじっと見ていました。
 私もしゃがんで「イチロー君、良かったねえ、ゆっくり散歩を
 楽しんでねえ」と頭を撫でてあげると、イチローの左眼から、
 大粒の涙がポロリと一つ落ちてきたんです。やっぱりアスの
 生まれ変わりなのかもしれません。毎日外へ出て、散歩できる
 幸せを噛みしめているのかな?

 私が子どもの頃、シェパードがいたんです。
 血統書付きのアス○○・・という長ったらしい名前だったけど、
 私達はアスと呼んでいました。祖父が犬好きで、子犬の頃から
 調教師をつけて大事に育てていたんです。祖父は地方に
 出張することが多いので、私達が餌と水をあげていました。
 
 アスは、どんどん大きくなり、子供には手がおえなくなりました。
 大きな犬小屋だったけど、アスがその場をクルクル回るのが
 やっとの大きさになっちゃたんです。調教師さんは、数年で
 来なくなり、もう誰もアスを散歩に連れ出すことができなく
 なりました。10年余り、アスは、ただ餌と水をもらうだけでした。
 ある朝、狭い小屋の中で息を引き取りました。出張から帰った
 祖父が、ものすごい剣幕で怒鳴りました。「夕べ、アスが
 夢に出てきて、水が飲みたいと言っていたんだぞ。誰も
 水をやらなかったのか!」家族みんなで泣きました。
 私は、アスを死なせたことがトラウマになり、イチローが
 来るまで犬に触ることができなかったんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/598-68fc7da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。