円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「筆子その愛」を観てきました。
 石井筆子さんは、大村藩(長崎県)の武士の子として
 生まれ、才媛でフランス、オランダに留学し、帰国後は
 現在の女子学習院でフランス語を教えていたそうです。
 最初の夫との3人の娘は、知的障害や病弱だったそうです。
 その上、夫が結核で死亡する不幸にあいながらも、女学校の
 校長を務めていたそうです。

 娘を、石井亮一さんが設立した滝乃川学園に預けたことから
 後に石井さんと再婚し、社会福祉法の援助が無い時代の知的
 障害事業を支え、夫の死後、園長となり、波瀾万丈の生涯を
 園の一室で閉じたそうです。

 以前、TVでも石井筆子さんの事は紹介されていました。
 その時も感動したけど、今回も涙が止まりませんでした。
 現在でも偏見差別があるけど、明治の初期なんかは今では
 考えられないほどの偏見差別があっただろうに・・
 素晴らしい方々がいたんですね。私も微力ながら何か人の役に
 立ちたいです。元気が出てきました。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/531-c9a935b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。