円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 川内の歴史講座へ行ってきました。
 教材は明治時代の鹿児島県地誌を使っています。
 今日は旧宮内村(新田神社から川内川へ向かった地域です)
 だったんですが、昔としたらだいぶ川幅が広がっています。

 明治の頃は、新田神社の参道が川内川まで続いていたんだって。
 船着き場があり、人や物が乗り降りして賑わっていたらしい。
 「水害多し」と書かれてあったので、講師が「年に数回は水が
 ついたんですかねえ」と言った途端・・(昭和生まれの先輩達は
 昔の話になると生き生きとしてくるのです)
 「数回どころか宮内辺は8~9回は浸かってましたよ」
 「向田の○○馬場なんかあ、12~3回は浸かってましたよ」
 もう水害の回数自慢?になって・・
 
 川内川は「暴れ川」と言われるくらいだから、川内の人達は
 大変だったことがよくわかりました。昨年は宮之城で氾濫して
 被害が出ましたもんねえ。大雨が降る度に私も心配しています。
スポンサーサイト
コメント

毎年何かしら大きい水害が起きた後、梅雨明けという形が多いので
週末の雨が心配です。
歴史の講師は福元先生ですか?
中学の頃お世話になったんです。
川内の歴史のことを何かされていると聞きました。
先日の木佐貫くんのお友達、残念ながら人違いだったみたいです。
2007/07/06(金) 20:27:52 | URL | みなみ #mQop/nM.[ 編集]

こんばんわ
福元忠良さんのことかな?
元教師だと聞いています。
郷土史研究会の会長、川内歴史資料館での
古文書教室などで活躍されていますよ。
福元先生は、中央公民館での古文書教室で
同じ会員ですが滅多に来られないので、
まだお話したことがありません。
竹山君は南中で木佐貫君とバッテリーを組んだと
聞いています。
2007/07/06(金) 21:33:29 | URL | 円堂まゆみ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/436-27f5f2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。