FC2ブログ

円堂まゆみの日記

 この前、映画のグリーンマイルについて書きました。
 別に共感してもらいたいとは思ってないんです。
 でもあの映画を作った人達に代わって言いたいんです。
 不思議なことが起きる・・それだけの薄っぺらな映画では
 ありません。グリーンマイルとは死刑囚が死刑室まで歩く
 最後の道です。私は死に向かってどう生きるかを問う
 映画と解釈してます。

 すべては感じ取れないけど・・
 あの時代の背景に人種差別があるのです。
 先住民族、黒人だからと冤罪で死刑囚となることが少なくない・・
 神の手を持つ黒人のコーフィは、殺された二人の女の子を
 救いたかったけど間に合わず、二人を抱きしめて泣いていた所を
 犯人にされてしまった。

 意地悪な看守、強力なコネで今の仕事を得ている。
 弱い立場の人間をいじめるのが最大の喜びの彼は、死刑囚を
 生殺しにして満足するのです。
 最後は精神病院に入れられてしまうが・・
 誰の心にも潜む闇があるのでは? 

 所長の妻は、姿も心もきれいな女性だったのに、脳腫瘍で
 身も心も荒れ果て、汚い言葉をはく女性に変貌・・
 いつ自分の身にも降りかかるかわからない運命、人事ではない

 看守達は、無罪のコーフィーに最後のプレゼント、映画を見せる
 無罪とわかってて死刑執行しなくてはならない苦しみ・・
 正義とは、勇気とは、偏見差別、どう生きるべきか・・
 決して薄っぺらな映画ではありません。
 
 
スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/41-4ae8c436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック