円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 NHK大河ドラマ「風林火山」を毎週楽しみに見てます。
 もしかしたらご先祖様?の諸角(両角)豊後守虎定に
 興味があるんです。今日はもうドキドキして・・
 諸角豊後守の運命はどうなるんだあ?
 
 武田晴信(後の信玄)は、父親の信虎を駿河に
 追放しようとしてます。晴信の家臣は、弟につく
 諸角豊後守に内緒で事を進めていきます。
 今日は弟とその家臣を前に信虎を追放することを
 打ち明けました。

 当然、諸角は驚きました。
 「謀反ではござらんか!」
 「謀反ではござらん、すべて甲斐の国の為でござる」
 「天道に背くことにござらんか!」
 
 晴信は弟を説得します。
 「人の心でそなたを動かしているのじゃ。
  そなたの力を貸してくれ」
 弟は兄の心を知っていたのです。家督は兄が継ぐべき
 であると、兄について行くと言いました。

 諸角虎定は、信虎から一字を戴いた側近です。
 「う~ん」としばらく考えたが、すべては武田家の為と
 晴信につくことにしました。
 ふう~、良かったあ。先週から諸角はどうなるのか
 心配していました。これで安心して眠れます。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/351-2dd6d8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
風林火山~第11回・信虎追放!
風林火山ですが、いよいよ武田信虎(仲代達矢)駿河追放となります。武田家家臣のほとんどは、この謀叛に加担しているのですが、武田晴信(市川亀治郎)の弟・信繁を始め、諸角虎定や小山田など今回の計画を知らない家臣もまだいます。(風林火山、第11話・信虎追放の感想
2007/03/18(日) 22:43:53 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。