円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06-11-21_14-05.jpg


 これは「薩摩の糸びな」です。
 江戸初期から作られ、髪と顔が麻糸で
 できているのが特徴で、麻糸は強くて丈夫な
 ことから、子供が丈夫に育つようにと
 麻糸が用いられたそうです。
 大正の初期まで女の子の初節句に親類知人から
 贈られたらしい。

 「鹿児島ぶり」という古文書は、江戸から殿様に
 同行してきた講釈師が鹿児島で見聞きしたことを
 書き残してます。この中で薩摩糸びなを知りました。

 今度、古文書教室を紹介することになり
 学級生の一人が山形屋でこれを買ってきたんです。
 本物を見て嬉しかったです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/255-6febb7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。