円堂まゆみの日記

 今日の昼、TVで講談師の田辺鶴瑛さんが紹介されました。50代の女性です。
 18才の時、大学進学で上京していたけど、北海道のお母さんが病気で倒れたので戻り、
 亡くなるまで6年間介護をされたそうです。心機一転、上京してご主人と出会い
 結婚されたそうです。その後、ご主人のお母さんが亡くなるまで3年間介護し、現在は
 ご主人のお父さん、90才を介護されてます。お義父さんは、寝たきりで認知症です。

 30才の時、田辺一鶴さんの講談を聞いて感動し、入門されたそうです。母親と義母の
 介護で体験した事を、特に失敗から学んだことを現在、お義父さんの介護にいかしている
 そうです。「無理をしない」「面白がる」のズボラ介護が介護の極意だそうです。

 お義父さんの介護の様子です。お義父さんが、「体がカユイ~!」と言うと
 鶴瑛さんは歌を歌い出すんです。
 「僕らはみんな生きている~生きているから歌うんだあ
  僕らはみんな生きている~生きているからカユイんだあ~」
 すると義父さんも一緒に歌い出します。
 「僕らはみんな生きている~生きているからカユイんだあ~」
 一緒に歌っているうちにお義父はカユイ事を忘れてしまうんです。
 笑っちゃあいけないと思いながら、おかしくて、そして介護のすばらしさに涙が出ました。

 鶴瑛さんが、お義父さんの髪を切ってあげようとすると、お義父さんが嫌がります。すると
 「お客さんはハンサムですねえ、よく上原謙さんに似ているって言われるでしょう?」
 「言われないよ」
 「そうですかあ、よく似ていますよ。」
 するとお義父さんは、ハンサムと言われて上機嫌になり、髪を素直に切らせるんです。
 すごいです。他人が見たら笑っちゃうけど、ここになるまでに鶴瑛さんがどのくらい
 涙を流したのかと想像したら涙が止まりませんでした。

 介護を笑いにして講談している様子が紹介されました。薩摩川内市でも講演会に是非
 田辺鶴瑛さんをお願いして欲しいです。私の周りにも介護でご苦労されている方々が
 いるので、講演会のテープがあったら紹介したいなあと思いました。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/1044-1170384a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック