円堂まゆみの日記

100502_1054~02
            浦上天主堂
 五日市さんの講演会場は浦上駅近くにありました。地図で調べると浦上天主堂、平和祈念像、
 原爆資料館などが側にあることがわかり、講演会の前に訪ねてみようと思いました。浦上駅に
 着いたのが10時半、コーヒーが飲みたくて喫茶店を探しました。5分歩いたところにチャンス
 センターがあり、女性の姿が見えました。喫茶店を尋ねると、店から出て来てくれました。
 
 「○○の店は知ってますか?」
 「私は鹿児島から来たのでわかりません」(丁寧に喫茶店の場所を教えて頂きました)
 「鹿児島から来たんですか?実は私も鹿児島なのよ」
 「えっ、鹿児島のどちらですか?」
 「姶良町なの」
 「まあ、私は川内から来ました。ここで鹿児島の人に会えるなんて不思議ですねえ」
 「私はねえ、鹿児島に帰りたくて仕方ないの」 って笑ってました。
  前の晩にイメージしたとおり、親切な人に出会えましたあ。(笑)

 タクシーで3カ所を案内してもらいました。高校の修学旅行で全部を訪れています。
 浦上天主堂は白から煉瓦色の建物になっていました。ちょうど結婚式をしてました。
 キリスト教徒の式を初めて見たので感激して涙が出ました。

100502_1112~01
           平和祈念像
 平和祈念像も昔としたら濃いブルーになった印象でした。友人が核廃絶運動に
 参加する為にニューヨークまで行きました。そこまではできないけど、何か
 協力したいと思っていたら、昨日、書店の前で核廃絶署名活動をしている
 人がいたので協力しました。(笑)

 タクシーで案内してもらったのは正解でした。永井隆博士の家を教えてもらい
 ました。奥さんを原爆で亡くし、自分も原爆の後遺症で苦しみながら、幼い二人の
 子供を残して死ぬのは辛い・・「わが子よ」を思い出しました。帰ってから
 二人の遺児は今どうされているんだろうかと思い、インターネットで調べたら
 娘さんが本を出版されているんですねえ。早速注文しました。

100502_1212~01
         原爆投下中心地跡
 原爆資料館は立派な建物になっていました。高校生の時はものすごいショックを
 受けました。東京に帰ってからも戦争の怖さ、悲惨さが目に焼き付いてしまい、
 しばらく忘れられませんでした。資料館から下へ歩いていくと原爆投下中心地が
 あり公園になっています。五日市さんの講演会だけでなく、平和についても考える
 ことができて有意義な一日になりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/1037-e2e7f42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック