円堂まゆみの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 職場の先輩のお父さんが亡くなられました。96才だったそうです。
 お通夜に出席した人の話では、悲しみよりも「大往生だった」と
 故人の思い出話で賑やかだったそうです。
 「会葬のしおり」に奥さんの挨拶文が書いてありました。
 
 「皆様に支えていただいた いい人生でした」
  昭和22年に満州から引き揚げ、農業と大工、二足のわらじを履いて、
  夫はこれまで家族を支えてくれました。
  平成15年、90才を目前にしてなお、大工の仕事に励む夫の背中は、
  たくましく見えたものです。
  総師範のお免状までいただいた詩吟やカメラ、カラオケは一番の楽しみでした。
  単車に乗って、忙しく近所を駆け回り、温泉帰りにビールを一杯。至福の表情を
  浮かべた夫の姿は今もまだ鮮やかに甦ってまいります。
  皆様に親切にしていただき、子や孫に恵まれた夫の人生は、心の底から満たされた
  幸せなものだったと思います。
  皆様より、多大なるご厚情を賜りましたことに、深く感謝申し上げます。

  満州から引き揚げ、家族を支えるためにご苦労されたと思います。仕事や
  趣味の仲間達がたくさんいらっしゃったのでしょう。奥さんの文章から
  充実した人生をまっとうされたんだと、生前のご主人の姿が目に浮かぶ
  ようでした。私も死ぬ時には「ああ、いい人生だった ありがとう」と言えるような
  人生を送りたいです。(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://endomayumi.blog56.fc2.com/tb.php/1006-d5b3f2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。