FC2ブログ

円堂まゆみの日記

 昨日、ピーターラビットの作者であるビアトリクス・ポターの半生を描いた
 映画「ミス・ポター」を借りてきました。作者が女性と知って興味が湧き、
 「本を出版した後、彼女の半生は波乱に満ちていたのです・・」私、こういう
 文句に弱いんです。思わず手が伸びてしまいました。(笑)

 今から110年も前の女性が自立して、自分の信念を曲げずに生きていけたなんて
 素晴らしいです。(拍手)私が最も感激したのは、湖水地方の農場が土地開発業者に
 買い占められる危機を、ポターは印税で買い取っていったんです。それを国に寄付した
 という字幕を見て泣いてしまいました。すごいです。絵にも現れているけど、ホントに
 きれいな心を持った女性だったんですね。今晩又、観てしまいましたあ。(笑)
スポンサーサイト