円堂まゆみの日記

 この夏パグおじさんが、サマージャンボ宝くじを買ったんです。
 発表までは当選を夢見てワクワクしてたけど、結果は○○円でした。
 最近はもう宝くじの事は過去の事になっていたんです。
 
 ところが一昨日帰って来るなり
 「俺が買った売店で1等が出たんだって。多分、30枚も買った俺が
  当たっているのに、皆に隠しているんじゃあないかって言うんだよ。
  何度も確かめたから違うって言うんだけど、もう一度調べろって言うんだ」
 「職員じゃあなかったら、出入りが多いから外から来た人が当たったのかもね」
 と二人で話したんです。結果はやっぱり1900円でした。(笑)
  
 昨日、仕事から帰って来て言いました。
 「ウチの売店じゃあなくて、本社?の売店から出たんだってさ。
  みんなが言うから、30枚を又確かめたのにって言ったんだ」(笑)
 川内にある○セラのパート職員は、宝くじに当たったら仕事を辞めたそうです。
 「今回1等が当たった人は、そのうちに仕事を辞めるかもね」と二人で笑いました。
 パグおじさんは、まだまだ引き寄せる力が弱いようです。(笑)
スポンサーサイト
 旅行のお土産を兄弟の所へ送りました。ちょうど母が入院してしまい
 兄弟の所へ届くのが遅くなったんです。今日は妹から電話が来ました。
 「色々な所へ行ったんだねえ。よくあんなにたくさんのお土産を買う時間が
  あったねえ」」と言われたんです。妹には言えなかったけど、旅行へ
 行く前に海外商品輸入会社からカタログが送られてきて、帰ってくる日に
 合わせて送ってもらったんです。(笑)

 ご存じの方も多いと思いますが、だいぶ前から中学校などは、修学旅行へ
 行く前にお土産を注文してから旅行に出掛けます。そうでないと子ども達が
 選別をもらった親類のお土産を捜すのに頭が一杯で、見学に集中
 できないそうです。その他にも理由があると思いますが、今はそうらしいです。
 大人の旅行も子供と一緒なんですねえ。(笑)特にツアーは時間に追われて
 他の人のお土産なんて捜すゆとりがないですよ。日本と違って手頃な
 お菓子なんて専門店以外は店頭に置いてなかったし、良かったあ。お陰で
 自分のお土産だけに集中することができました。(笑)
 パグおじさんが、夏休みを取れたので映画「ハチ」を観てきました。
 実は1日に東京へ行った時、私と娘、母の3人は渋谷で食事を
 したんです。時間に余裕があったので映画「ハチ」を見に行ったけど、
 残念!8日からだったんです。それで他の映画を観ました。
 渋谷は私にとって子供の頃からの縄張りで、ハチ公は幼友達のような
 ものなんです。(笑)映画を観て泣いちゃいましたよ。犬の物語に弱いんです。

 犬と言えば笑い話があります。私が留守の間、パグおじさんも泊まりが
 あり、イチローをペットホテルに預けたんです。イチローを迎えに行くと
 店の人が、パグおじさんの顔を見てニッコリ笑い、「イチロー君ですね」と
 言ったそうです。「名前も言わないのに、よく分かったなあ」と不思議そうに
 してました。誰が見てもイチローのお父さんだとすぐわかりますよ。(笑)

 今度は真面目な話です。昨日、病院へ見舞いに行ったんです。外科の病室で、
 隣の人の話になりました。知人の車に乗せてもらおうと、ドアを開けて片足を
 入れた途端、車が発進し、足を挟まれたまま、引きずられたそうです。
 怪我した足にばい菌が入り、膝の下から切断したそうです。そんなことが
 起きるんですね。運転手が確認しないで発進させたのが悪いんだけど。
 車を運転する皆さん、お互いに注意しましょうね。
090819_2245~01

 先週、友人宅へ用事があって行ったんです。そしたら庭で友人が大きな
 ホオズキを何本も洗っていました。もう10数年前からスジだけ残して
 乾燥させ、飾るのが流行っているんですよ。私、前から欲しかったんです。
 「わあ、いいなあ」って欲しそうに言ったら、途中だけどと言ってくれました。(笑)
 何日も水に漬けてから水洗いしていくそうで、我が家でも1週間水につけて
 やっと完成しましたあ。(笑)何でも手間暇かかるんですねえ。

 旅行の話(おまけ)です。実はヨーロッパで何か過去生がわかるのでは?
 と楽しみにしていました。以前、私と母はヨーロッパ(フランスかイギリス)で
 生きていたことがあると過去生療法の先生から教えてもらいました。
 母は体の調子が悪くて行けなかったので、お土産を買ってきました。
 ドイツ?の民族衣装を着た女の子がブランコに乗っている壁掛け時計を
 あげたんだけど、私用に買ったフランスの民族衣装を着た男の子と女の子の
 人形が「可愛い、可愛い!」と言って離さないのであげました。(笑)
 何か懐かしい物を見るような目が印象的でした。フランスに決定だな。(笑)
  
 私は、フランスからドイツへ行くバスの中から、外の景色をずっと眺めていました。
 単調な風景なんです。村があってその中心に教会があるんです。その繰り返し
 なんだけど、何かその風景を見ていると、懐かしくて癒されるんです。「これだよ
 この風景を遠い昔に見ていた気がする」と思いました。二つの有名な教会の
 中に入ったけど、質素で素朴な教会を今度訪ねてみようと思います。
 今度の旅行はお天気に恵まれ、体調を崩すこともなく、すべてが順調で
 楽しい思い出を作ることができました。でも正直言えば、行く前に不安な事が
 一杯あったんです。根は心配性なのかもしれません。(笑) 
 台湾経由で行く事は、向田邦子さんの台湾行き飛行機事故を思い出しました。
 スイスの登山列車で日本人が死んだ事故、エコノミー症候群にならないか、
 時差ぼけ、高山病など、細々な事は数知れず(笑)
 
 どうクリアしたと思いますか?以前、読んだ「ザ・シークレット」を実践したんです。
 「引き寄せの法則」を使い、家を出発してから帰宅するまで、「すべて順調に、
 何の問題もなく、楽しい旅行ができた」と繰り返しイメージしたんです。
 それでも心配性が出てきます。飛行機に乗る時は、快適な時間が過ごせる等、
 すべて、その都度、「何の問題もない」というイメージを持ちました。

 台湾からドイツのフランクフルトへ向かう時、冷房が効きすぎて寒いし、座席は狭くて
 なかなか眠られません。飛行機が今、何処を飛んでいるかを画面で見ていたんです。
 台湾から九州の西を通り、朝鮮半島の東を通り、シベリヤへ向かいました。この時、
 大韓航空機墜落事故を思い出しました。ロシア領土に入り、何回も警告を受け、
 撃墜されました。「ヤバイよ、ロシアに入って大丈夫!」と怖くなりました。(笑)
 この時も「何の問題もない」とずっとイメージしました。(笑)ロシアの北方をずっと
 横断し、フィンランドからバルト海を通ってドイツに行きました。 
 
 過ぎてしまえば何て事ないんだけど、やっぱり怖いですよねえ。
 旅行の前に「ザ・シークレット」を読んだことは、見えない誰かさん達のお陰かな?
 と感謝しています。「引き寄せの法則」は是非勧めたいです。
090815_1727~01
090815_1728~01
090815_1728~02
           台北の空港にパグの可愛いポーチがありました

 ドイツはもちろん、フランスもスイスも日本人観光客が多いそうで
 どの国も観光客に気を遣っています。入り口に「おにぎりあります」
 って張り紙があるお店があって、ホントにレジにおにぎりが置いてありましたよ。(笑)
  
 日本人はご飯が食べたいだろうと、親切にご飯を添えてくれる店もありました。
 でもタイ米で食感がボソボソしてるんです。気持ちは有り難いんだけど(笑)
 あるホテルでは「カレーを作ってあるから食べなさい」って言うんです。ご飯は
 タイ米だろうと手を出さなかったんです。若者が食べてみたら「何か違う」って
 言ってました。見よう見まねで作っているから何か違うんだと思います。
 本当にご親切は嬉しいんだけど(笑)
 
 色々な体験をさせてもらって楽しかったです。お天気にも恵まれてラッキーでした。
 ユングフラウヨッホに登るとき、カヨちゃんが「私がシーツを頭からかぶって
 てるてる坊主になって、ホテルの玄関に一晩中立ちます。体を張って
 明日はお天気にして皆さんを案内しますから」って笑わせていました。
 ホントに楽しい添乗員さんでこれもラッキーでした。
 一番心配してたイチロー君も元気にしてました。パグおじさん、イチローに
 何かあったら私にどんなことを言われるか、これが一番心配だったんだって。(笑)
 いい相棒に恵まれて幸せだと感謝します。謝謝
CA3D00580001.jpg
CA3D00670001.jpg
CA3D00690001.jpg
         この建物はドイツのフランクフルトです

 フランスのストラスブールへ行きました。この町は現在はフランスですが
 何度もドイツ領になり、フランスとドイツが混在しているそうです。昔の
 木組みの家が沢山残っています。(2枚目の写真)この家には花が
 飾っていないけど、どこへ行っても出窓に花を飾っている家が目立ちました。
 周りに牧場が多いので虫除けの為に夏の期間だけ飾るそうです。
 運河の防護さくにも花が飾ってありましたよ。(1枚目)
 
 ノートルダム大聖堂の前にジプシーがいたんです。若者は奇抜な格好をして
 パフォーマンスをしてました。私が歩いていると、赤ちゃんを抱いたお母さんが
 突然私の目の前に現れて、紙コップを差し出したのでビックリしました。
 後で物乞いだとわかりました。4回も現れたんです。カヨちゃんが、「バッグを
 前の方にして、盗まれないように気をつけて」と言ってた訳がわかりました。
 ジプシーが悪いのではなく、少年グループが物乞いされている観光客に
 群がってバッグを無理矢理奪っていくそうです。日中ずっと日なたにいる
 赤ちゃんが可哀想でした。
CA3D00540001.jpg

CA3D00420001.jpg

090813_2221~01

 スイスのインターラーケンから登山列車に乗ってユングフラウヨッホへ
 行きました。展望台は標高3450㍍と聞いてビックリ!そんな高い山に
 行ったことないです~。「お天気で無風状態だったら紫外線が強いので
 半袖でもいい、そのかわり風が吹いたら冷凍庫の世界ですから」とカヨちゃんに
 脅かされました。幸いお天気だったので半袖の人もいましたよ。(笑)

 この登山列車はアイガー北壁の中を通るんです。すごいでしょう!目の前に
 アイガー北壁やユングフラウを見て感激しました。前の晩にカヨちゃんから
 高山病の注意を受けました。「ぐっすり眠ること、水分を摂ること、飴かガムを
 口に入れておくこと、時々深呼吸をすること」素直に実践したので
 何の影響もありませんでした。(笑)

 ここも日本人観光客が多いらしく、途中の駅には日本人女性の写真屋さんが
 いましたよ。スイス犬のアイガー君と皆で記念写真を撮りました。列車の
 車掌さんも片言の日本語を話すんです。笑っちゃいますよ。私達が列車の
 前にいると「戻ってくださ~い」(彼は乗って下さいと言いたかったらしい)(笑)
 途中で検札にきました。「切符を拝見しま~す」(これはあっていました)(笑)
 子供の時からアルプスのハイジの話が大好きだから、お爺さんの家を
 捜しちゃいましたよ。(笑)
090812_2212~01
         ヴィース教会の記念に

 ドイツのロマンチック街道は日本人観光客が大勢来るそうです。
 それで気を遣ってか?街道の看板にはドイツ語の下にカタカナで
 ロマンチック街道と書いてあります。普通だったら英語を書くはず
 だと思うんだけど。(笑)
 
 世界遺産のヴィース教会に行きました。昔の村人達が、むち打たれた
 キリストがあまりにもみすぼらしいので納屋の隅にほおって置いたそうです。
 時が経ち、ある女性がキリスト像を見つけ大切にしていると、キリストの
 目から涙が流れ落ちたそうです。そのことが有名になり、信者が
 訪れるようになり、体が良くなる等の奇跡が数多く起きてるそうです。 

CA3D00700001.jpg
                 世界遺産ノイシュバンシュタイン城
 
 中世の城が多い中、日本の明治時代に建てられた比較的新しいお城です。
 シンデレラのモデルになった城だそうですよ。この城の中を見学しました。
 王様のベッドが案外小さいので不思議に思っていたら、いつ敵が侵入して
 命を狙われるかわからないので、王様達はすぐ起きられるように
 座って寝たそうです。伸び伸びと寝たかったでしょうねえ。(笑)
090803_1854~02
     この山の上にローレライ像があるそうです 

 しばらくお休みしてましたあ。実は娘と二人でヨーロッパ旅行を
 してきたんです。去年の韓国に続いて、娘が捜してきたのは
 またもや若い人向きの安くて、盛りだくさんの内容なんです。
 「ドイツロマンチック街道とスイスアルプス・アルザス地方
  フランス・ストラスブール8日間」っていう旅行です。

 成田を発って、3時間かけて台湾へ行きました。それから乗り継いで
 13時間かけてドイツのフランクフルトへ行ったんですう~。長いの
 なんのって・・何しろエコノミー席だから狭い!添乗員のカヨちゃんから
 時差ボケしないコツ?を教えてもらいました。まず到着地のドイツ時間に
 時計を合わすこと。着くまでに水を2リットル飲むように言われました。(笑)
 水をガブガブ飲むからトイレに行くし、そのついでに歩くようにと・・(笑)
 お陰で時差ボケなし、エコノミー症候群にもならず無事につきました。

 朝7時頃に着くや、早速観光が始まりました。リューデスハイムへ行き
 町を散策し、ワインの試飲(これ以来ワインを昼も夜も飲みました)
 留守番をしているパグおじさん、ごめんなさい。ライン川下りを楽しみ
 ました。だけど、日本人観光客の多いこと。どこへいっても日本人に
 会いましたよ。(笑)船内のアナウンスも日本語があるんです。

090804_1519~01
        ローテンブルグ城壁から旧市内を見ました