円堂まゆみの日記

07-01-30_22-17.jpg


 大好きなターシャ・テューダーのTVを
 見ました。前回はターシャの庭を中心に
 1年間を撮影した物、今回は「ターシャの
 贈り物」という題名のとおり、夢の世界に
 迷い込んだ子供みたいにワクワクしました。
 
 ターシャは91歳で現役絵本作家です。
 子供や孫を喜ばせる為に、絵本だけでなく
 抱き人形やマリオネットなどを作り、人形劇
 をして楽しんだそうです。
 
 クリスマスツリーに飾る物だって個性的
 なんです。(ジンジャーブレッド。絵本に
 登場する動物などを焼き菓子に砂糖で描く)
 
 誕生日には筏に乗せられたケーキが流れて
 来るなどアイデアが一杯です。子供達が目を
 丸くして驚く顔が目に浮かぶようです。
 それらの出来事を絵本にしています。
 
 「豊かさ」って何だろうって思いました。
 孫が言ってました。誕生日には手作りの人形や
 服、小物などをもらい「自分は特別な存在なんだ
 とすごく嬉しかった」と目を輝かせてました。
 今回見逃した方は再放送を是非見て下さい。
スポンサーサイト
 今日は川内文化協会秀作展の最終日でした。
 91歳の方が見に行きたいと言うので
 車で迎えに行ったんです。

 隣に住む息子さん一家が飼っている
 犬の名前が覚えられないらしい。
 今日も「犬の名前は何ですか?」と
 聞いたら「犬の名前どころか、この頃は
 子供達の名前も思い出せない時がある」と
 笑っていました。

 以前、某所に車でお連れしたんです。
 会が終わり、私が「用事が済むまでここで
 待っててね」とお願いしたのに勝手に
 階段を下りて踊り場まで転がり落ちて・・
 もう心臓が止まりそうでしたよ。
 
 今日は「片づけが終わるまでここで待っててね」
 と念を押しました。
 無事に送り届けられて良かったあ。
07-01-26_07-33~00.jpg


 昨日の朝、TVから「今日のわんこは長野県
 富士見町に住んでいる・・」と聞こえてきたので
 仕事の手を休めて見入りました。ここは私の母親が
 生まれたところなんです。25年前に子供達を
 連れて遊びに行ったけど、スキー場があるなんて
 知りませんでした。

 わんこの名前はガブ君でゴールデンリトリバー。
 家に連れて来た時、ご主人の足にいきなり
 ガブッ!と噛みついたのでガブ君と名前が
 つけられたとか。毎朝、ご主人の仕事先
 であるスキー場へ一緒に出掛けるそうです。

 職員と同じジャケットを着せてもらい、
 スキー場をパトロールし、皆から「ガブ隊長」
 と呼ばれ愛されているそうです。 
 夢に向かって走る義足のランナー
 島袋勉さんの講演会へ行きました。
 アンビリバボーでも紹介されたそうです。

 沖縄県出身で20歳で車検センター会社を
 創業。38歳の時、千葉県の踏切で転び頭を打ち
 失神し、電車にひかれ両足を切断。
 病院のベッドで目が覚め、両足を無くした上に
 記憶障害になっていた事にショックを受けたが、
 入院中にたくさんの事を学んだそうです。

 「足があれば」をもう決して言わない。
 言い訳をしない。障害を隠さない。この3つを
 守り自分にできることは何かを考えた。
 体が悪いからとできないものはない。人は諦めるから
 できないのだ。小さな進歩を喜び、夢や希望を
 無くさなければ明るく生きられるのだ。

 1年8ヶ月の闘病生活を経て社会復帰し
 会社再建を果たしたそうです。3年前
 ホノルルマラソンに挑戦して完走、今度は
 ヒマラヤ登山に挑戦したいそうです。
07-01-25_12-02.jpg


 今日は75歳以上を対象にした
 「ふれあいサロン」のお手伝いをしました。
 日頃家に閉じこもりがちな高齢者に声を掛けて
 集まってもらいました。

 市の保健士さんに健康チェックをしてもらい、
 その後、頭の体操ゲームをしました。
 二つの絵の間違い探し、漢字(面白い読み方)当てゲーム
 
 それから右手でグー、チョキ、パーを出し、
 左手では右手に負ける物を出すゲーム
 例えば右手がグーなら左手はチョッキ・・

 踊りのボランティアグループが数曲踊り
 最後は踊れる人に飛び入り参加してもらい
 はんや節を踊りました。(写真)
 昼食を皆で戴いて楽しいひとときを過ごしました。
 皆と一緒に笑ったり食事するのは楽しいもんねえ・・
 今日は嬉しいことがありました。
 友人のご主人が退院したんです。
 帰宅してすぐ私に電話をくれました。
 
 ご主人が電話に出て
 「私に作ってくれた人形が評判でなあ。
  どこで売っているのかと何回も聞かれてなあ。
  商売では作っていないと答えたんだ。  
  名前が書いてあるのがいいのな?(胸のネーム)  
  あの人形のお陰で元気になったのかもなあ。
  ありがとうなあ」
 
 元気になって良かったあ。
 最高の褒め言葉をもらいました。ウルウル・・
 
07-01-23_11-14.jpg


 今日は「まごころ文学館」で開催中の
 「川内文化協会秀作展」の受付嬢をしました。
 ゴメン、受付おばさんでした。(ペコリ)

 私は二人三脚という題名の人形を出品し、
 その中にペコちゃんを紛れ込ませました。
 「ペコちゃんが泣いてたから連れてきたの」と
 言ったら大受けでした。転んで泣いている子供や
 ハンカチ王子などもいます。
 笑ってくれたら大成功です。
 今日は「みんなで考えよう 生命の重さ」
 という講演会に行きました。薩摩川内市は
 10代の妊娠中絶が全国のトップクラスで
 多いという不名誉な現状だそうです。
 
 そこで県や市、医療や学校関係者、そして
 女性団体連絡協議会の人たちが10代の性を
 考え、協力して行こうと立ち上がったそうです。

 今日は学生、教師、助産師、保健所の方々の
 話がありました。女子大生が高3の時の体験を
 赤裸々に語り、苦しい体験から学んだこと
 そして両親への感謝の気持ちを素直に話すので
 涙が出ました。佐賀県出身で今日はお母さんが
 応援に来ていて、司会者が場内のお母さんを
 紹介しました。

 皆で拍手し、そこで終わるかと思ったら・・
 娘が体が弱く難儀したこと、一度は娘を殺して
 自分も死のうと思ったこと、娘をどんなに
 愛しているかという話が止まりません。
 多くの女性達がハンカチで涙を拭いてました。

 子供には親の愛情を体感させることが大切。
 自分は何億もの精子の中から選ばれ生まれた
 奇跡の子供である。だからこそ自分の命を
 大切にしないといけない。そして命を生み出して
 行く大人になって欲しいと願うばかりです。

 思春期の子供を持つ親の相談所があります。
  川薩保健所 保健指導係
  薩摩川内市役所 保健センター 
   思春期のふれあい事業係
 友人と出水市まで行って来ました。
 一ヶ月余り会っていなかったので
 つもる話が一杯・・ご主人が入院しているので
 毎日のように鹿児島市まで通っていたらしい。
 経過が良く、まもなく退院できるらしい。
 顔の表情も明るく、おしゃべりが止まらない~

 私が贈った3匹の犬「フレーフレー人形」を
 病室に置いてくれたらしい。愛嬌があって
 話しかけるような可愛い人形から元気をもらった
 と言ってくれました。病室を訪れる人たちの
 評判になり、看護士さん達が「あの人形はどこで
 売っているの?」と聞かれるらしい。
 
 元気がない人、病気の人や受験生などに
 届けたいと毎日人形を作っています。
 春頃にはたくさんできればいいんだけど。
 もう3匹は今、熊本県の病院で
 「元気になりますように!」と応援しています。
07-01-19_12-53.jpg


 フォークシンガーの大塚まさじさんが
 NHKの「芋・たこ・なんきん」に出演
 しています。教会の牧師で詩人という役です。
 パグおじさんが大ファンなので、毎日録画して
 あげています。

 数年前に川内の某お寺で大塚まさじさんの
 御堂コンサートがあったんです。住職が
 パグおじさんと高校の同級生ということで、
 前夜は大塚まさじさんと一緒に飲めて
 パグおじさん超ご機嫌でした。
 もちろんコンサートは最高でしたよ。
 
 私は大塚さんの「プカプカ」と「月の祭り」が
 大好きです。「プカプカ」は最近若い人も唄って
 いるみたいです。
07-01-18_19-17.jpg


 毎日不二家の不祥事が報道されて泣きたいです。
 私の年代は不二家と言えばペコちゃんです。
 友達にペコちゃんのあだ名の子がいたし・・
 ケーキも美味しかったし、ミルキーだって・・
 私達の信頼を裏切って本当に悔しいです。
 
 こんな年でもペコちゃんは特別なんです。
 可哀想にペコちゃんが泣いていますよ。

 今日はペコちゃんの人形を作りました。
 私の人形は写真うつりが悪いけど可愛いんです。 
 パグおじさんの友達のブログ「ドンマック」を
 時々訪問しています。犬好きな人、イラスト
 好きな人は訪問してはいかがですか。
 イラストが上手くて面白いですよ。

 ドンマックさんは、島へ単身赴任中で
 今、愛車が調子悪いそうです。
 ウチの場合、1回目に新車を持って行き
 ひどい目に遭いましたよ。3年経って帰って
 来たらボディにボコボコ穴が開いちゃって
 泣きましたよ~。潮風が原因とわかりました。

 2回目には中古の軽自動車を持って行きました。
 車がないと仕事ができないもんねえ。
 3年経ったら雨漏りはするし、故障続きで
 廃車にしてきました。エスティマ君は大丈夫かな?

 ドンマックさんの家の前を時々、闘牛が散歩
 しているとか。前から牛が来たら後ずさりして
 逃げるらしい。牛にはかなわないもんねえ。

 昔、他市で早朝まだ暗い時、前から人が馬に乗って
 現れたのでビックリした事があります。
 後で聞いた話では、馬が好きで早朝に散歩させて
 いるそうです。馬好きの子供の名前はカーボーイ君
 女の子はポプラちゃんだそうです。
 今年の年賀ハガキは切手シートが2枚当たりました。
 パグおじさんに「3等が2枚当たったよ」と
 教えたら「なんだよう!帰ったら見ようと
 楽しみにしていたのに」と残念がること。
 いい年して子供みたいな事を言って・・

 今日はショックなことがありました。
 スーパーで靴下を買ったんです。
 「1029円です」と言うので1万円札と30円を
 渡しました。そしたらおつりを1円しかくれなくて
 次の客の応対を始めたんです。

 「今、1万円札を渡したと思うんですが」と言うと
 レジの中を見ました。千円札入れの所に1万円札が
 入っていたので納得してくれました。私が間違った
 かと思ってあせっちゃいましたよ。
 ずっと信頼してきたP店だったのに~ショックです。 
 TV「ニッポン武勇伝」でアインシュタインが
 来日した時、一緒に写真を撮った姉妹が紹介
 されてました。2人の父親、山本実彦が
 アインシュタインを日本に招聘したのです。
 山本実彦は川内出身です。東京へ出て「改造社」
 という出版社を作りました。
 そしてアインシュタインを私財で招聘したのです。
 
 慶応大学を皮切りに、仙台、京都、福岡で講演し、
 当時、日本人で難しい相対性理論が分かる人は
 幾人いるかわからないなか、毎晩1000~
 2000人の人が来たそうです。

 素顔のアインシュタインは、山本が帝国ホテルの
 一番いい部屋を用意すると、良すぎるから代えて
 欲しい、食事も一皿減らして欲しいと言ったそうです。
 第1次大戦後のドイツの窮乏生活に耐えてきた
 質素で謙虚な人だったそうです。

 服装体裁は全くどうでもいい彼は、性格もさっぱりして
 物欲もない。ユダヤ人として痛めつけられたにも
 かかわらず、こせこせした暗い気持ちを持って
 いなかったそうです。
 彼の一番好きな言葉は「他人と憎みあうために
 生まれてきたのではなく、愛し合うためにこの世に
 生まれてきた」だそうです。
      「改造社と山本実彦」松原一枝より
 南国鹿児島は霜の朝が続いています。
 大好きな霧もよく出るし嬉しいなあ。
 何度も書いたけど、夜中にレースの
 カーテン越しに霧の気配を感じて外を見ると
 辺り一面、霧で覆われているんです。
 神秘的でドキドキ、この時に幸せを感じます。

 話はガラリと変わります。
 私、気になる力士の取り組みが怖くて観られません。
 母ちゃんの気持ちになりドキドキ、ハラハラです。 
 今、結果を見たら千代大海が4勝1敗
 白鵬が3勝2敗、安馬が4勝1敗でした。
 3人とも勝ちが先行しました。ワ~イ!
 この調子で突っ走れ!
 年賀状も今日の配達で最後かな?
 今年も色々面白いのが届きました。
 昨日来たのは薩摩川内市を護摩川市と
 書いてありました。郵便番号が書いてあれば
 町名がわかり届くからいいけど・・
 まあだいたい合っているよ。

 町名や私の名前が間違っているのも結構ある。
 まあそんなのは小さなこと・・差出人の名前が
 無いのが困るんです。アンタは誰?

 数年前に奇跡の年賀状が届きました。
 北海道に住んでいる中学時代の同級生からです。
 そこから来た年賀状には郵便番号無し
 県名も市名も無し、いきなり町名と番地だけで
 北海道から鹿児島県までたどり着いたんです。
 流行の言葉を使えば「ど根性年賀状」って言う
 のでしょうか? 
 私は古文書を勉強していますが、興味の無い
 人から見たら「何が面白くてそんなのしてるの?」
 などと言われてヘコミます。
 
 今日はいい言葉を教えてもらいました。
 同じ教室の男性も友人から「そんなの習って何に
 なるんだ」と言われたそうです。
 
 そこで友人にこの言葉を贈ったそうです。
 「夏炉冬扇」(かろとうせん)
 夏に暖かい炉や冬に扇子は不必要、つまり
 何の役にもたたない物と思われるけど・・
 夏に炉があると湿気を取ったり
 雨の日には洗濯物が乾く。冬に扇があると
 ご飯を炊く時の団扇になって役に立つものである。

 この話を聞いて皆感心しました。 
 これからは古文書教室(夏炉冬扇)と書こうと
 言って大笑いしました。
 大相撲初場所が始まりましたねえ。
 私、今日は元気が無いんです。
 千代大海は負けるし、足の具合が悪いのかな?
 角番大関の白鵬も負けました。ガンバレ~!

 今場所は安馬を応援しています。2勝しました!
 モンゴルのお父さんに相撲を観てもらおうと
 今場所は席を準備していたそうです。ところが
 交通事故に遭って亡くなったそうです。
 ああ~可哀想で涙が出てきます。
 オバサンはこういう話に弱いんです。
 安馬は体が小さいけど頑張っています。
 応援しているからガンバレ~!
 NHK大河ドラマ「風林火山」を観ました。
 今まで大河ドラマって興味が無かったんですが 
 今日は武田の家臣、諸角(両角)豊後守虎定に 
 興味があり観ました。

 実は私の旧姓は両角なんですが、子供の頃から
 祖父が「ウチの先祖は両角豊後守で、武田家が
 滅亡の後、家臣はちりぢりになり、先祖は
 帰農して刀を捨てた」とよく言っていました。

 あまり興味が無かったんだけど、今回は家来の
 山本勘助が主人公で両角豊後守の役を加藤武さんが
 演じると知って観てみようと思ったんです。
 インターネットで調べたらお墓は長野市にある
 らしい。祖父の出生地が長野市だからまったくの
 デタラメではないかもしれません。

 両角豊後守は、81歳の高齢で第4次川中島合戦に
 参戦したそうです。新田次郎さんの小説では
 若い義信が上杉方の策略により囲まれたところを
 「義信様が討ち取られるようなことがあっては
  武田軍の敗北は必至である」と感じた両角豊後守は
 身代わりのようになって討死したようだと書かれて
 いるそうです。当時の81歳って相当のヨボヨボだと
 思うけどすごいですねえ・・・
 我が家は以前、年賀状を一種類だけ作ってました。
 7~8年前からパグおじさん、私、共通の
 3種類にしました。

 富山県にいる共通の友人夫婦宅へ私の名前で
 奥さんへ数年間出したところ、私達夫婦に何かが
 あったのでは?もしかしてパグおじさんに
 何かが起きたのでは?と心配する年賀状が
 届きました。大笑いしました。すぐパグおじさんが
 「俺は元気にしているぞ!」と手紙を書きました。
 
 そんな優しい友人の年賀状が今年も届きました。
 いつも連名なのに今年はご主人だけの名前です。
 二人に何かあったのかな、もしかして熟年離婚とか?
 連名でないと心配になるもんですねえ。 
 パグおじさんに奥さんは元気にしているのか
 ご主人に手紙を書いてよと言いました。
 今年の年賀状はフレーフレー人形を載せて
「良い年になりますように」と書きました。
 今日届いた年賀状にその人形のお陰で
 賞を取り、東京での表彰式に出席しますと
 書いてありました。

 東市来町で棚田とメダカで有名になって
 いる場所です。賞の名前は長いですよ。
 18年度田園自然再成活動コンクール
 特別審査委員賞「美しい郷と営み賞」です。
 彼女達の地道な活動が実を結んだんでしょう。
 正月早々おめでたい話でした。
 
 <講演会のお知らせです>

 「夢に向かって走る義足のランナー」
  島袋勉さんが川内に来られます。
  1月26日(金)第1部 15時~16時半
          第2部 19時半~21時
  会場 川内文化ホール 
  入場無料
 「オーラの泉」を見ました。
 中島啓江さんの「ありがとう」の話、
 前も聞いたけど又涙が出ました。
 
 小学校を転校する時の話です。イジメに
 あっていたから誰にも言わず転校しようと
 思ったら・・お母さんが鉛筆1本と消しゴム1個
 ノート1冊を全員に用意し「ありがとうと
 言って渡しなさい」と言ったそうです。

 そしたらイジメをしていた子達が「さみしくなる」
 「どうして行くの」「ありがとう」などと言って
 くれたそうです。「ありがとう」と言うのに
 勇気がいったけど良かったあと泣いていました。
 この話が絵本になるそうです。 

 今、TVの「がばいばあちゃん」を観たけど
 ばあちゃんが言ってましたよ。
 「ありがとうと言える人は天才」だと・・
 大人も素直に「ありがとう」と言いましょう。
07-01-03_11-39.jpg


 今日は大口市の曽木の滝へ行きました。
 昨年の豪雨災害でここも大きな被害を
 受けていたんですねえ。展望台にかかる
 橋が流されていて本来の滝を見ることが
 できませんでした。

 この写真は脇にある滝です。
 今度はここの滝が注目されて喜んでいるかも
 しれません。そして大音量の音楽も
 今回は流れていませんでした。
 前からあの音楽が自然を損ねていると
 思っていたので嬉しかったです。
 07-01-02_10-07.jpg


 今日はパグおじさんと藤川天神へ行きました。
 渋滞を予想したけど、雨が降っていたせいか?
 思ったより人は少なかったです。
 ツンも元気にしてましたよ。ナンチャッテ・・
 
 おみくじを引いたらパグおじさんが小吉
 私が末吉でした。他の占いでも今年は準備の年で
 来年良くなるって出てました。キーワードは
 「進め」ですって。黄信号で注意しながら
 進んで行くことにします。
 明けましておめでとうございます。
 我が家は穏やかなお正月を迎えています。

 今朝は一日外出許可をもらい、義母を迎えに
 病院へ行きました。病院に朝食は自宅で食べると
 連絡してました。車に乗るなり義母が言いました。
 「何か~食べ物はないねえ?私だけ食べさせて
  もらえなかった~」と力無く言うので
 パグおじさんと初笑いしました。

 一年前は危ない状態だったけど、病院のお陰で
 何とか歩けるようになったし、認知症になり家で
 おせち料理を食べても食べたことを忘れてしまう
 義母だけど、生かされて良かったと感謝してます。
 こんな穏やかな日々が続きますように・・