FC2ブログ

円堂まゆみの日記

 今日は映画「佐賀のがばいばあちゃん」を観ました。
 島田洋七の少年期の話で、貧乏を明るく描いています。
 がばいは佐賀弁ですごいという意味らしい。
 
 がばいばあちゃん語録を紹介します。
 腹減ったと言うと「気のせいや!」
 家の前の川に竹を渡して「木ぎれや野菜が届けられ、
 まるでここはスーパーや!」
 スポーツをしたいと言うと「金のかからんもんをやれ、走れ!」
 「まさか靴はいて走っとらんだろうねえ?裸足で走れ!」 
 何でうちはこんなに貧乏なの?と聞くと
 「貧乏にも二通りある。明るい貧乏と暗い貧乏や。うちは
 明るい貧乏や!うちの貧乏は先祖代々由緒正しい貧乏じゃ!
 自信を持て!」
 
 がばいばあちゃんに励まされました。
 夕方、近所の方から庭になったサクランボを戴きました。
 
06-05-01_17-35.jpg